牛乳は体に悪いし背が伸びるは嘘?カルシウムはあるが骨粗鬆症や下痢を引き起こす!

牛乳は私たちの生活と深くかかわっている飲み物です。

コーヒーや紅茶に入れたり、料理に使ったり、
本当に切っても切り離せない飲み物で、
牛乳や乳製品がないと料理が作れないという人もいるかと思います。

昔は、牛乳は体に良いのでどんどん摂取したほうが良いと言われていました。
特に成長期で背を伸ばしたい人は、毎日何リットルも飲んだほうが良いと
言われて、実際にそうしてきた人が多かったようです。
牛乳にはカルシウムが含まれているので、
骨を強く成長させて、身長を伸ばすには大きな効果があると信じて、
多くの人がそうしてきました。

しかし近年、牛乳は体に悪いという報告がされるようになってきました。
牛乳を飲むと骨が強くなるどころか、
骨粗鬆症の原因になるとまで言われているのです。

これまで牛乳を良いものだと信じて飲んできた我々にとって、
これはとても大きな逆説でした。
ということで、この記事では牛乳は本当に体に良いのか、
それとも体に悪いのかについて迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







牛乳によるがんのリスク

現在、世界中の研究者や厚生労働省の研究などで、
牛乳やヨーグルトを多く摂ると、前立せんがんや卵巣がんになるリスクが上がると報告されています。

また、女性の場合では乳がんや卵巣がんでの死亡率をあげてしまうとも言われています。
これ以外にも、牛乳や乳製品は多くの飽和脂肪酸を含んでいるので、
心臓病など他の病気のリスクも上げてしまうという研究発表もあるくらいです。


https://arcj.org/milk/

日本人は乳糖不耐症の民族

日本人のほとんどである95%くらいは、乳糖不耐症なのです。
これは日本人という民族が牛乳を飲まない民族であったということと関係しています。
そのために、体の中に乳糖を消化するラクターゼを持っていないので、
牛乳を飲むとお腹がゴロゴロして下痢になったり、
腸にガスがたまりやすくなるのはこのためなのです。

ヨーロッパの人々はもともと何千年にもわたって牛乳を飲む習慣があったので、
体の中にラクターゼを持つように進化してきたのですが、
日本人はそのような習慣がなかったので、違った進化の過程をたどってきたのです。

そのために日本人はラクターゼを体内に保有していません。

だから下痢などの症状が出てしまうのですが、
この下痢によって他の食品で摂取した栄養の吸収も阻害してしまうことになるのです。

ただ、日本人であっても赤ちゃんはラクターゼを持っているのですが、
5歳とか6歳になるとこれが失われてしまうので、
それ以降に牛乳を飲むとお腹を壊してしまうことが多いのです。

日本人と牛乳の歴史

日本人と牛乳の関わりというのは実に浅いものです。

日本人が現在のように牛乳を飲むようになったのは、ここ最近のことなのです。

それは第二次世界大戦に負けて、アメリカに占領されて、
それで日本国内の食料が足りなくなって、
アメリカから牛乳を輸入するようになってからのことなのです。

ですからここ70年くらいに起こった出来事なのです。

人間が進化の過程で食べ物を食べてそれを体内で分解して
摂取できるような能力を身につけるためには、
諸説あるのですが、短くて2000年、または1万年から10万年とも言われています。

ですから、たかだか70年くらいでその能力を獲得するのは不可能なのです。

ということで、牛乳は日本人のような民族にとっては、あまり適していないものなのです。

 

スポンサーリンク




牛乳を飲むと背が伸びる?

古い考えでは牛乳を飲むと骨が丈夫になって、
特に成長期の子供が飲むと、背が伸びるというものがありますが、
これも非常に怪しい考えとなっております。

牛乳にカルシウムがたくさん含まれているのは確かなのですが、
マグネシウムの量が非常に少ないのです。
理想的な食品のカルシウムとマグネシウムの量は2対1となっています。

しかし、牛乳の場合は10対1の割合となっています。

カルシウムを体内に補給するためには、それなりのマグネシウムの量が必要になるので、
牛乳に含まれるマグネシウムの量では少なすぎるということなのです。

カルシウムとマグネシウムの量が2対1に近い食品というのはほかにあります。

ひじき、大豆、小魚、アーモンドなどがこの理想的な比率に近くなっているので、
カルシウムを摂取して骨を強くするというのであれば、
こういった食品のほうがよっぽど効率的に骨を強くすることが可能なのです。

また、牛乳にはリンも含まれているので、
リンはカルシウムが体内に取り込まれるのを阻害するという研究もあります。

スウェーデンで行われた研究では、
牛乳を1日に3倍以上飲む人と、1杯未満の人とを10年以上にわたり追い続けた結果、
牛乳を3倍以上の人のほうが死亡率が高く、
股関節の骨折も多かったという研究データが発表されたのです。

また、ハーバード大学で行われた研究でも、毎日牛乳を飲んでも骨は強くならず、
むしろ骨の密度が低くなってもろくなるという研究データが出ています。

言い換えれば骨粗鬆症の傾向にあるということです。

こういった最近の研究データをまとめると、
牛乳を大量に飲むと逆に骨がもろくなって、骨折しやすくなるというものなのです。

まとめ

牛乳は素晴らしい飲み物であると昔は考えられてきました。

しかし、ここ近年の研究によって、
かなり違った面も分かってきているみたいです。

筆者も最近の血液検査によって、
乳糖不耐症であることが判明しました。

牛乳を飲むかどうかは、あなた次第です。
色々な科学的な知識をつけて、より良い選択ができればよいと思います。

スポンサーリンク







健康や環境の関連記事
  • 子供に危険な食べ物ランキングワースト9!
  • 悪玉コレステロールは本当に悪いの?病気を引き起こすは嘘という説について!
  • 牛乳は体に悪いし背が伸びるは嘘?カルシウムはあるが骨粗鬆症や下痢を引き起こす!
  • 花粉症の一生治らないは?腸内環境という本当の原因を医者が隠す訳についても!
  • 加工肉の危険性は?ハムやウインナーやソーセージが体に悪い理由について!
  • 砂糖の害や悪は嘘じゃない?脳や肌や肝臓にも悪影響が!
おすすめの記事